MEMBER

ストリーマー

AVEŁアベル

こんにちは、AVEL です。CLやOCTAVICEの実況担当をしています。実況は独学で学びました。より見ている方に分かりやすく、選手の方々には次の試合に活かせるような実況や言葉選びを心がけています。
今回、原宿 STREET GAMERSにストリーマーとして所属し、今後チームとPUBG MOBILEをより多くの人に知ってもらうために発信し、盛り上げていきたいなと思っています。TPPだけでなくFPPの人口も増やしFPPの大会も多く出来るよう全力を尽くしていきます。応援してもらえると嬉しいです。

Queen of ストリーマー

INTERVIEW

「PUBG MOBILE」大会の魅力を伝えたい!元スタントマンのストリーマーAVEŁは実況でも常に上を目指す

AVEL_interview

「実況といえばAVEŁ」と言われるように頑張る!!

——プレイヤーネーム「AVEŁ(アベル)」の由来を教えてください。

大好きなアメコミの「マーベル」から来ています。最初は自分の本名に由来するプレイヤーネームを使っていましたが、そこから色々と名前が変わり今の「AVEŁ」になりました。

 

——「原宿 STREET GAMERS」での役割を教えてください。

「ストリーマー」です。配信活動を軸に、実況者(キャスター)のお仕事を受けつつ、大会の運営もしていきます。

 

——普段はどのように「PUBG MOBILE」をプレイされていますか?

仲の良い友達とプレイすることが多いですね。また、Twitterで呼びかけて、はじめましての方も含めてプレイすることもあります。「ルーム」を作って招待したプレイヤーと試合をしたり、FPP(一人称視点モード)で遊んだりしています。

 

——ゲーム遍歴を教えてください。

ニンテンドーDSで「ポケモン」と「どうぶつの森」をやり始めて、それからは携帯型ゲーム機を中心に遊んでいました。スマートフォンでできる手軽さに魅かれて「PUBG MOBILE」もプレイするようになりました。

 

——「PUBG MOBILE」は「ポケモン」や「どうぶつの森」とは全然ジャンルが違いますよね。「PUBG MOBILE」のようなアクションゲームに興味を持ったきっかけは何でしたか?

幼稚園の頃からスポーツが大好きで、昔は体操競技でオリンピック選手を目指していました。ただ、一度スタントマンを経験して、全身を使った演技の楽しさを知って新しい世界が見えました。プロのスタントマンになろうと決意してからアメリカに留学していたのですが、その際に怪我をしてしまい……。

 

帰国したら妹が「PUBG MOBILE」をプレイしていたんですよ。体を動かせず手持ち無沙汰だったので、一緒にやってみたら楽しくて。今までプレイしたタイトルとはジャンルが違うし、リアル過ぎて怖いとすら思っていましたが、プレイするうちにどんどん引き込まれました。

 

——「PUBG MOBILE」のどんな部分にハマったんでしょうか?

コツがわかって他のプレイヤーを倒せるようになってからどんどん楽しくなりましたね。それに、実力で勝敗が決まる面も大きいんですけど、運要素もあるのが面白いです。どんなに強い人でも、ポジションが不利だと負けてしまうこともあるので。逆に言うと、ゲームがあまり得意じゃない人でも勝てる可能性があるんです。

avel-smile

——どのような経緯で大会の実況をするようになったのですか?

「PUBG MOBILE」のとあるリーグの実況を頼まれたことがきっかけです。自分ではあまりゲーム配信や動画を見ていなかったので、実況は全く勝手がわからなかったんですが、とにかくやってみようと。恥ずかしさを感じつつも、自分の実況を通して「PUBG MOBILE」の理解を深めてくれた方がいたり、動画の一部を切り抜いてアップしてくれる方がいたり、とても良い経験でした。

 

その経験を通じて大会実況の楽しさを知り、自己流で勉強もし始めたんです。画面を見なくても私の実況だけで試合内容が伝わるように、話し方やゲーム用語を勉強するようになりました。

 

——実況の面白さはどこに感じていますか?

試合を俯瞰視点で見られるので、各チームがどのようなムーブを好むのか分析しやすいところでしょうか。強気で攻めるチームもあれば、順位を上げるために全然動かないところもあるんです。個性豊かなチームの戦いを一番近くで観戦できる立場を楽しんでいます。

 

——実況者として、「原宿 STREET GAMERS」の前身となったチームの試合も見ていたと思います。どのような戦い方をするチームなのでしょう?

以前からムーブが上手なチームでしたね。それに、とても楽しみながらプレイしているのが画面越しに伝わってきました。

 

——ムーブを見てそこまでわかるんですね。

はい。楽しんでいるとか、悔しそうとか、ちょっと遊んだムーブだろうなとかも、画面を見ていれば大体わかります。「原宿 STREET GAMERS」のメンバーはキルを大量に取るわけではないんですけど、大会などでは大体上位を取っていました。個々の能力がしっかりしていて、連携もずば抜けて良いチームだと思います。

 

——チームに合流したきっかけを教えてください。

mmtarö君が推薦してくれました。以前、私がスクリムの実況をしている時にmmtarö君からフレンド申請が来て、それから仲良くなったんです。

 

mmtaro-avel-ray

AVEŁさんをチームに推薦したmmtarö選手とアナリストのRayさんとチームを盛り上げる

 

——チームの一員として活動する上で、今の率直な気持ちを教えてください。

もちろんやる気はありますが、少し不安もあります。チームの皆に負けないくらい私も頑張らないといけないですし、常に情報発信が求められる立場です。ファンの皆さんにより楽しんでもらえるように工夫していければと思います。

 

——活動の目標は何ですか?

当面の目標は、FPPの競技人口を増やすことです。そもそもFPPに競技シーンがあることを知らない人も多いので、FPPの魅力を広めていきたいですね。

また、長期的な目標は公式大会の実況を担当することです。ストリーマーの「にごんご」さんのような存在になりたいと思っています。

 

——目標に向かって、どのような努力をしていますか?

語彙力を高めようと頑張っています。言葉のバリエーションが増えれば、表現の幅も広がるので。あと私は少し舌っ足らずな話し方なので、滑舌良く話せるように鍛えたいです。今の話し方を気に入ってくれている人もいて、自分のプラスになっているかもしれません。でも、長い目で見るとマイナスになる可能性もあるので改善していきたいです。

 

——ストリーマーを目指す人へのアドバイスはありますか?

「まずはやってみる」精神が大事なのと、周りがなんと言おうと自分のスタンスを変えないこと。他人の真似をしても、自分に合っていないと意味がありません。それよりも、自分らしさを出し切ることが大事です。個性を生かすことが一番だと思います。

 

——ファンの方へメッセージをお願いします。

ついこの間まで顔出しをしていなかったので、こうして表に出てくるようになって「何があったの?」と不思議に思う方もいると思います。でも私はやりたいことをやっているので、今まで通り応援してもらえると嬉しいです。皆さんの応援を原動力に、今後もどんどんチャンスを掴んでいきます。「実況といえばAVEŁ」と言われるように頑張るので、これからも応援よろしくお願いします!

avel-uniform-inerview

 

原宿 STREET GAMERSのYouTubeを公開中!
チャンネル登録をお願いします!!
↓↓

youtube