MEMBER

アナリスト

Rayレイ

杏仁豆腐&寿司好き、PUBG MOBILEのアナリストのRayです。
15歳、普通の高校生です。この度は、原宿 STREET GAMERSのメンバーと共に戦う機会を頂き、とても嬉しく思っております。
チーム最年少なりに、色々と模索しながら活動していきます。応援宜しくお願い致します!

業界震撼 PUBG MOBILE最強アナリスト

INTERVIEW

チーム最年少アナリストRay「5人目の選手だと思って試合に臨む!」

海外からのオファーを断り、原宿 STREET GAMERSのアナリストとしてジョインしたRay

——プレイヤーネーム「Ray」の由来とは?

本名に由来していますが、詳しいことは秘密です(笑)。

——チーム内での役割、ポジションを教えてください。

「アナリスト」です。スクリムを観戦したり自分のチームの会話を聞いたりして改善点を提案するサポート役です。

——スクリムに参加するすべてのチームのランドマーク(よく降下する地点)やムーブを分析しているんですか?

基本的にはリーダーのmmtarö選手から「このチームに注意して」と指示をもらうので、いくつかのチームにフォーカスして追う形です。もちろん試合全体もカバーはしています。広く浅く見つつ局所的に深く追うイメージですね。指示に無くても、突出しているチームがあればこちらから共有することもあります。

——敵チームだけでなく、自チームの分析もしているんですね。

ムーブや報告、戦闘時のコミュニケーションなど色々な点を見ています。選手が自分で気づけないこともあるので、第三者視点で分析して改善提案をするのがアナリストの役割です。

——ゲーム遍歴を教えてください。

小学生の頃、知り合いのお兄ちゃんが持っていた「ポケモン」を貸してもらったのが最初ですね。RPGの「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」も借りていて、僕の世代よりも少し前のタイトルをプレイしていました。

あと小学5年生の頃にPS Vitaがすごく流行って、友達と一緒に「Minecraft」などで遊びましたね。   それから段々皆がスマートフォンを持ち始めて、スマホ向けのゲームをプレイするようになりました。最初は「パズドラ」や「モンスト」などのゲームをやっていました。そして別のバトルロイヤルゲームに触れて、「PUBG MOBILE」に移ったという感じです。

——小学生の頃からゲームをやり込んでいたのでしょうか?

ガチゲーマーではなかったです。趣味程度で、1日1時間遊ぶくらいでした。両親が持っていたiPadを貸りて、ゲームをやっていたので、あまり長くはプレイできませんでしたね。

——当時からアナリスト気質というか、分析に重きをおいた遊び方をしていましたか?

「Minecraft」の影響が大きいと思います。多くの人と協力してプレイする中で、コミュニケーションを取る時に色々考えるようになりました。

——では「PUBG MOBILE」を始めたのはいつでしょうか。

中学2年生の5月頃から始めて、すぐにクランを作りました。

——ご自身のクランではリーダーを務めていたわけですね。その頃から全体を俯瞰する立場やまとめ役が肌に合っていたのでしょうか。

他のプレイヤーに比べて情報を多く集めて、広い視点で見ていたと思います。

——最初から積極的に活動されていたんですね。その頃からプロを意識していましたか?

中学3年の5月くらいにプロチームのアナリストとして活動し始めた時に、プロとして活動するビジョンを持ちました。

きっかけはとあるプロチームのTwitterでのアナリスト募集ツイートでした。たまたま見かけて「応募してみようかな」と思ったんです。当時は経験もなく後先を考えていなかったのですが、プロシーンでもやっていけるという漠然とした自信はありました。

——そのプロチームではアナリストとしてどのような活動をしていましたか?

スクリムでの動きをマップにまとめ、可視化していました。過去のスクリムから傾向を分析し、今後の戦略を立てることが大きな役割でしたね。

——分析力を活かして選手として活動しようと思ったことはありますか?

思考力や分析力に自信はあるのですが、撃ち合いなどの実戦スキルは他のプレイヤーに劣っていると感じていて。自分が強くなるよりも、自分がいるチームやコミュニティを良い方向に導く方が性に合っています。

——原宿 STREET GAMERSの一員になることを決めた理由は何ですか?

「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 0」ですね。原宿 STREET GAMERSの前身となるチームではないのですが、僕もあのリーグにアナリストとして参加していました。その後、海外チームからのオファーもあったのですが、日本のリーグで原宿 STREET GAMERSのメンバーとして一緒に戦いたい願望があって断ったんです。

——チームに合流した印象はいかがですか?

僕の提案はきちんと吟味してくれて、困っている点やわからないことがあれば、僕にそのフィードバックをしてくれる。そんな双方向的なコミュニケーションができるメンバーなので、活動しやすいですね。

——憧れている選手はいますか?

PC版「PUBG」のプロだったBrazilian選手に憧れていたというか、ファンでしたね。理由はシンプルで、強くてカッコいいからです。

スイーツパラダイスが「PUBG」とコラボイベントをやっていて、遊びに行ったらBrazilian選手がいらしたんです。その後少しTwitterのDMでやり取りをしたら「モバイル版で頑張ってね」と言っていただけました。その言葉があったから、ここまで頑張れたんだと思います。

——モバイル版で憧れの選手はいますか?

いないですね。むしろ、僕が憧れられる存在になりたいです。

——アナリストになりたい人にアドバイスをお願いします。

やる気と経験ですね。熱意だけだと心が折れてしまうので、経験を積んでタイトルに対する理解を深めないといけません。それだけ大変な役割ですが、「僕はやりたいんだ」という人がいたら応援したいですね。

——個人的な目標はありますか?

eスポーツのプロシーンにいつまで携われるかわかりませんが、今後のキャリアパスで一つのポイントとなるのが今だと考えています。今を乗り切るのが当面の目標ですね。

——原宿 STREET GAMERSとしての目標はありますか?

メンバー全員の協力があってこそですが、今よりさらに強いチームにして、たくさんの人に応援されるチームにしたいです。

——「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の意気込みをお願いします。

アナリストはプレイヤーとは全然違うポジションですけど、チームの一員として戦う点は同じです。とにかくチームの皆と全力でリーグを戦い抜きたいですね。実際に戦うのは選手ですが、僕は5人目の選手だと思って試合に臨んでいます。

——ファンの方へのメッセージをお願いします。

チーム皆で作り上げていく戦術やムーブを見ていただきたいです。各チーム特色がありますが、その中でも僕たちに注目してリーグを見てほしいです。

 

原宿 STREET GAMERSのYouTubeを公開中!
チャンネル登録をお願いします!!
↓↓
youtube