MEMBER

選手

TABIタビ

TABIです。プロとしての活動は初挑戦ということで自覚を持って精一杯取り組めればいいなと思っています。
競技シーンでは、アタッカーの役割なので敵を倒してチームを勝ちに近づけることができれば良いなと考えています。
プロとしての活動、競技シーンへの出場など初めてなことばかりで不安が多いですが、頑張りますので応援よろしくお願いします。

ノーザンライトアタッカー

CAREER

PMJC Season1 GRAND FINAL 5 位

INTERVIEW

学業とプロ活動の両立を目指すTABI選手! 「何事も全力で」をモットーに

tabi-interview1

優勝目指して、ただがむしゃらに全力でやっていくと語るTABI選手

——プレイヤーネーム「TABI」の由来を教えてください。

由来は特に無くて、ゲームなどのプレイヤーネームは「響きが良い」と感じた名前を登録しています。ある時から「TABI」を使うようになって、それからはずっと同じ名前を使っていますね。

 

——「原宿 STREET GAMERS」での役割を教えてください。

「アタッカー」です。1対1の状況でダウンを取りにいったり、1対多数で人数的に不利な状況でも味方が来るまでの時間を稼ぐために戦ったりと、攻撃面でチームに貢献する役割だと思っています。

 

——撃ち合いのスキルを求められるポジションということでしょうか?

撃ち合いはもちろん、先手を打つことが大事なポジションですね。敵にバレないように移動して、背後から攻撃するとか。オーダーと連携してマップや他チームの動きを頭に入れながら、攻撃するチャンスをうかがうようにしています。

 

——これまでのゲーム遍歴を教えてください。

最初にゲームに触れたのは小学生の時で、ニンテンドーDSの「ポケモン」「マリオ」シリーズなどをプレイしていました。FPSにハマったのはPS3の「Call of Duty」がきっかけです。それから色んなFPSをプレイしていくなかで、SHAKAさん(※)の配信やプレイ動画を見てPC版「PUBG」に興味がわきました。PCがなかったのでモバイル版である「PUBG MOBILE」が出たタイミングでプレイし始めました。

※ プロゲーミングチーム「DeToNator」に所属するストリーマー。

 

――小学生の頃からゲームはやり込むタイプでしたか?

小学2年生の時に空手を始めて、5年生くらいまでやっていたんです。それから中学卒業まではずっとバスケをしていたので、どちらかというとスポーツ漬けでした。ゲームは友達との話の種になるので、部活の息抜き程度にプレイしていました。

tabi-interview2

――「PUBG MOBILE」を始めてから、ゲームの優先順位が上がったのでしょうか?

「Call of Duty」をプレイしていた時もかなりやり込んではいましたが、「PUBG MOBILE」ほどではなかったです。ただ、「Call of Duty」に出会えていなかったらFPSにハマっていなかったと思うので、人生の転機になったタイトルです。

 

――「Call of Duty」はなぜプレイし始めたんですか?

「Call of Duty」のソフトを持っている友達の家に集まって、画面分割モードで対戦したんです。その時は4人で対戦したのですが、とても面白くて強く心に残りました。その影響で自分でもソフトを買うようになりましたし、もっと大人数でできるオンライン対戦があることを知り、どんどんハマっていきました。

 

――「Call of Duty」とは違い「PUBG MOBILE」はスマホゲームですが、元々スマホではゲームをプレイしていましたか?

「パズドラ」や「モンスト」はプレイしていましたが、ハマりはしませんでしたね。やっぱりFPSが好きだったので。

 

――「PUBG MOBILE」はどのようにプレイしていたのでしょうか?

学校の友達は別のバトルロイヤルゲームにハマっていて、「PUBG MOBILE」はひとりでプレイしていましたね。Twitterでゲーム用アカウントを作ってクランを探して、オンラインのフレンドと一緒にプレイしていました。

 

――「PUBG MOBILE」はTPP(三人称視点モード)をプレイする方が多いですが、FPSとの感覚の違いにはすぐに慣れましたか?

FPSばっかりやっていたので、全然上手くプレイできませんでした。今はFPP(一人称視点モード)もありますが、ローンチ時はTPPしかなかったのでかなり苦戦しました。試合中に物資を集めることも自分にとっては真新しくて、プレイし始めた頃は本当に下手でしたね(笑)。

 

――下手な状態からプロになるまで、どのような過程があったのでしょうか?

アマチュアチームに入ってスクリムにも出るようになった頃、プロチームが設立され始めたんですよ。その頃からプロチームに入った選手たちに漠然とした憧れはありましたね。

プロを目指そうとはっきり意識し始めたのは、チームメイトがとある大会に出て好成績を収めた時でした。しかしチームメイトはアマチュアチームのなかでは最上位だったのですが、やっぱりプロチームが圧倒的に強くて差を感じました。僕は出場していなかったんですが、「こんな人たちと撃ち合いたい」と強く思ったことを覚えています。

 

――その後、「原宿 STREET GAMERS」の前身となるチームに合流されたんですか?

所属していたアマチュアチームが解散してしまい、また別のアマチュアチームに移りました。そこを抜けてからは色んなチームから勧誘いただいて、トライアウトを経て参加したのが「原宿 STREET GAMERS」の前身となるチームでした。2020年3月くらいからなので、大体1年前ですね。

tabi-interview-team

――何が決め手で加入したのでしょう?

チームとして強かったのはもちろん、雰囲気が良かったのが一番の決め手でした。合流してからの話なんですが、大学受験の時期にチームを辞めようと思ってmmtaröさんに相談したんです。でも、「籍は置いておいたら?」って言ってくれて。ゲームよりも受験を優先すべきだけど、終わったら「PUBG MOBILE」に戻ってくればいいじゃん、と。チームにmmtaröさんがいるのは本当に心強いですね。

 

――mmtarö選手は試合中も頼もしいですか?

もちろんです。オーダーのmmtaröさんは慎重派なんですが、サブオーダーのShiroronさんがファイトを仕掛けたがるので、意見が割れることもあるんですよ。でもmmtaröさんはShiroronさんの意見を聞いた上で最適解を出してくれます。mmtaröさんがファイトを仕掛けるって言ったら、心置きなく全員で行けますね。

 

――ファイトの際は、TABI選手が最前線に立つのでしょうか?

僕は前に出るタイプではありますが、ファイトになった時に誰が前に出るかは時と場合によりますね。決まりを作ってしまうとかえって連携が難しくなってしまうので、臨機応変に対応するようにしています。

 

――チームの一員としての目標はありますか?

僕はアタッカーなので、アタッカーとして活躍することが目標です。自分の攻撃を起点に積極的に敵チームを崩して、チームを勝ちに導きたいですね。

 

――TABI選手のようなアタッカーを目指しているプレイヤーに向けて、アドバイスはありますか?

とにかく何事も全力でやること。僕は高校で弓道部に入ったのですが、真剣に取り組んだ結果、団体戦で北海道3位まで進めたんです。ゲームも本気でやっていたら、いつの間にかプロになる話をいただけるくらいになりました。プロになると言った時に親が応援してくれたのも、ちゃんと勉強もして大学に受かっていたからだと思います。

 

ゲームのプロであるからには腕前は必要なのですが、ゲームばかりやって成功するほど甘い世界じゃないと思います。ゲーム以外の場所でも結果を出していれば「ゲームをやっていても大丈夫」と周りの人から応援してもらえます。親に反対されそうだと思っているなら、そんな人こそゲーム以外のことも全力でやるのが大事です。

 

――ファンの方へ向けて抱負をお願いします。

「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」で優勝したいです。プロとして競技シーンに挑むのは初めてなので、ただがむしゃらに全力でやっていこうと思います。その上で、色んな人に憧れてもらえる選手になりたいですね。

 

――最後に「ここを見て欲しい」というポイントをお願いします。

「原宿 STREET GAMERS」は本当にチームの雰囲気が良いので、ぜひファンになって応援してほしいです!

tabi-interview4

原宿 STREET GAMERSのYouTubeを公開中!
チャンネル登録をお願いします!!
↓↓

youtube